EFFECTIM
Branding

EFFECTIM
Branding

EFFECTIM
Branding

プロダクトからコミュニケーションまで
一貫したブランドの世界観を作る

資生堂とヤーマンがタッグを組んだ合弁会社エフェクティムから、社名と同じ名前のエイジングケアブランド「エフェクティム」が誕生。日本国内と中国でローンチしました。
日本発のエイジングケアのエキスパートとして、一生を通じて自分らしく輝いていたいと願いを叶える、“肌における人生のパートナー” になることを目指しているブランドです。
そのプロダクトデザインからブランディング、コミュニケーションデザインまでを一貫して行いました。

プロダクトデザイン
ジャパニーズモダンと機能感の融合

デザインのコンセプトは、 ジャパニズモダンと機能感 の融合。
プロダクトをはじめすべてのデザインに、ふたつの要素が合わさるというAWASEの概念が織り込まれています。 直線と曲線、オリジナリティがありながらシンプルで記憶に残るイメージ、美意識と、未来感。異なる要素を合わせることで、エフェクティムならではの魅力が立ちあらわれます。

ロゴデザイン
あなたの肌に、確かな「効果」を届けたい。

ブランドの意思が、そのままエフェクティムという名前になりました。
アルファベットの直線は物理エネルギーや技術を、曲線は美しさや優美さを象徴しています。
ロゴマークは、肌を精緻に解析し、効果を追求し続ける姿勢の証です。EFFECTIMの文字を組み合わせた、IC チップを連想するマークは、肌の未来が解読されることを象徴しています。

AWASE Design Philosophy

プロダクトデザイン、ロゴデザインを通じてブランドの世界観を紹介するデザインムービーを制作しました。中国のお客様に伝わりやすいように冒頭では日本らしさを表現しながらも、ブランドのラグジュアリーな印象から少し離れて洗練された印象にすることで、ジェパニーズモダンなデザインをアピールしました。

Retail Design

AWASE の概念を空間にスケールフィットさせ、機能と情緒それぞれのベネフィットが重なり合うデザインを目指した。体験ジャーニー上のPOD でもある、最先端の肌解析の場を「POD」として位置づけ、空間におけるアイコンとしてレイアウトすることで求心性を出し、かつ上質的で落ち着いた雰囲気とともに先端性を感じる凛とした佇まいのデザインとした。

CREDITS

PRODUCT DESIGN

CREATIVE DIRECTOR
吉田聖子(SHISEIDO)
ART DIRECTOR
駒井麻郎(現MA・DO Inc.)
DESIGNER
村岡明(現MA・DO Inc.)

LOGO DESIGN

CREATIVE DIRECTOR
吉田聖子(SHISEIDO)
ART DIRECTOR
駒井麻郎(現MA・DO Inc.)
DESIGNER
長竹美咲(SHISEIDO CREATIVE)

AWASE DESIGN PHILOSOPHY

REATIVE DIRECTOR
吉田聖子(SHISEIDO)
ART DIRECTOR
長竹美咲(SHISEIDO CREATIVE)
DIRECTOR
水井翔
CINEMATOGRAPHER
伊東祥太郎(SHISEIDO CREATIVE)
MUSIC
須田伸一
EDIT
水井翔
PRODUCTION
株式会社Tower Film
PRODUCER
末田大輔
PRODUCTION MANAGER
崔雪梅 青山美樹

RETAIL DESIGN

REATIVE / ART DIRECTION
山田明宏(SHISEIDO CREATIVE)
DESIGN
DC International
PRODUCTION
toppan(Japan / China)

OTHER PROJECT